子育てをしやすい間取りというのは、大人の生活リズムと子供の生活リズムを、分けることができる間取りだと思います。

子育てしやすい間取り
Hot Entry子育てしやすい間取り
子育てしやすい間取り

子育てをしやすい間取りというのは

子育てをしやすい間取りというのは、大人の生活リズムと子供の生活リズムを、分けることができる間取りだと思います。
私自身、仕事で家に帰るのが遅い日が多いので、もう子供は寝ている時間(夜10時過ぎ)です。
帰宅してから、夕食・食後の時間・入浴となると、どうしても生活音がするので、なるべくなら寝室は、出来る限り離れていた方がいいと思います。子供との会話が休日と朝しかできないのは寂しいと思いますが、寝る子は育つといいますし、私自身も夜9時には必ず寝るように言われていたので、自分の子供も同じように育てたいと思っています。
後は、玄関は広い方がいいです。
ベビーカーを準備したり、子供を抱っこしたまま出かけられるのは便利です。
狭いと色々なところにぶつけそうですし。
理想的な間取りは、和室にはこたつとテレビがあって、ダイニングはフローリング、廊下を隔てて寝室という2DKか2LDKです。
子供が大きくなったら、子供部屋も必要になると思うのですが、リビングに机を置いてもいいと思うので、2DKか2LDKで充分だと思います。

注目のキーワード

Copyright (C)2017子育てしやすい間取り.All rights reserved.