子供が小さい時と子供が成長してからでは、部屋の間取りも変わってきます。

子育てしやすい間取り
Hot Entry子育てしやすい間取り
子育てしやすい間取り

子供が小さい時と子供が成長してからでは

子供が小さい時と子供が成長してからでは、部屋の間取りも変わってきます。
子育てしやすい間取りは、家事をやりながらでも子供に目が届くような間取りがとても便利です。
そのため、リビングの隣に狭くても良いので和室があると便利です。
小さな子供は昼寝をするので、リビングから離れたところでお昼寝をさせていると、目が届かなくて心配なことがあります。また、リビングでお昼寝をさせていると、その間部屋の掃除をしたりするのも不便です。
狭くても和室がリビングの隣にあれば、子供が眠くなったら和室に布団を敷いて寝かせることができます。子供が起きてしまった場合でも、すぐに気がつくので便利です。

また、遊ぶ時でも和室で遊んでもらうようにしておくと、急な来客があった場合でも、リビングをきれいにしておくことができます。リビングは、大人の都合に合わせて使うことができるようにしておけると便利です。
そのため、子供のために使うことのできる和室が隣にあると便利です。

注目のキーワード

Copyright (C)2017子育てしやすい間取り.All rights reserved.