何年か前に、子供が非行に走らない家庭の間取りには、共通点があると言う特集を、テレビで見ました。

子育てしやすい間取り
Hot Entry子育てしやすい間取り
子育てしやすい間取り

何年か前に

何年か前に、子供が非行に走らない家庭の間取りには、共通点があると言う特集を、テレビで見ました。
それによると、子供が非行に走りにくい家は、子供が自室に行くまでに、必ずキッチンやリビングといった、家族が集まる空間を通らなければいけない間取りである、ということでした。

非行に走る子にも、一過性のものもあり、思春期に親の顔を見たくない、という気持ちも分かりますし、道を少し逸れてしまう子の全てが悪いとは全く思いません。それに、それが全て間取りのせいだとも思いません。
けれど、多感な年頃の子供が、一人自室に籠ったり、親の目が届かない友達のたまり場になりやすい部屋の間取りよりも、家族が毎日子供の状態を見守れる環境であるという点には、大きく感心しました。

それから、有名な大学に合格した子の勉強方法は、小さな頃から一人自室で勉強するのではなく、家族がそばにいるようなリビングなどで勉強や宿題をする子が多いそうです。
これら二つの事を知り、子供が心身共に健やかに育つためには、やはり家庭の円満と家族のサポートが必須であると思いました。

一人きりで子供が思い悩んだり、一人きりで受験という大変な壁に立ち向かったり、そんな孤独を子供たちが感じないためにも、まずは家族の愛情が重要ですが、いつでも家族が一つとなれる空間がある家であることも、とても重要な事の一つだと思います。

注目のキーワード

Copyright (C)2017子育てしやすい間取り.All rights reserved.