子育てをしやすい間取りについて考えると、廊下とキッチンが広く、全体的に部屋同士が繋がっていることが第一と考えます。

子育てしやすい間取り
Hot Entry子育てしやすい間取り
子育てしやすい間取り

子育てをしやすい間取りについて考えると

子育てをしやすい間取りについて考えると、廊下とキッチンが広く、全体的に部屋同士が繋がっていることが第一と考えます。
階段や危険なところに行くためには、子供が勝手に出て行かないように、ドアを一つ挟んでいることも大事だと思われます。部屋数の理想としては3LDKから4LDKと考えます。
私の住んでいるマンションは、現在3LDKですが、旦那と私の自室、寝室、リビングに小さなキッチンなので、子供が出来た時には少し手狭かと考えています。まだ生まれたての頃は、きっとリビングに赤ちゃん用のベッドを置いて、あれこれと行動することでしょう。
我が家はキッチンが狭く、行き来がしずらいので、これでは家事と育児を同時にすることに不安を感じます。友人の家は大体にして、キッチンとリビングとダイニングが続かせているところが多く、段差もなく、これなら心配なく育てられるのではないか、と遊びに行くたびに思うのです。

お年寄り用のバリアフリーが叫ばれて久しいですが、子育てをするにあたって、初めのうちはきっとバリアフリー設計がいいと感じます。そして、子供が成長するにしたがって、子供の部屋も用意する必要があると思うので、3LDK〜4LDKが必要だと考えるのです。
Copyright (C)2017子育てしやすい間取り.All rights reserved.