子育てしやすい間取りと聞いて、まず思い浮かんだのが、一軒家でもマンションでも、リビングの隣に部屋がくっついている間取りです。

子育てしやすい間取り
Hot Entry子育てしやすい間取り
子育てしやすい間取り

子育てしやすい間取りと聞いて

子育てしやすい間取りと聞いて、まず思い浮かんだのが、一軒家でもマンションでも、リビングの隣に部屋がくっついている間取りです。

何故なら、小さい子供がいると、リビングでお母さんが何かしながら、子供の様子を見ていられるからです。
お母さんの姿が見えれば、子供も落ち着いて遊んでいられるし、お母さんもごはんを作りながら、子供の様子を見ることができると思うからです。

実際、我が家には子供が二人いますが、上の子はもう小学校に行っているので、リビングから離れた部屋で自分の部屋を持っています。宿題をやったり、遊ぶ時はそっちの部屋にいるのが大半です。
たまにリビングにおもちゃを持ってきて遊んでいますが、リビングを散らかすので、私のやじが飛んでいます。そうすると、リビングには来ないでずっと自分の部屋に籠ってしまいます。それはそれで、親として寂しい、なんて自分勝手なことを思っています。
我が家は一軒家ではないですが、マイホームを買う時には、色々模索してしまいそうです。
階段の位置をリビングにするか、廊下にするか。子供が大きくなって、廊下に階段だと、リビングに顔を出さずに自分の部屋に行ってしまいそうで、家族の交流が減ってしまいそうです。
誰を連れてきたのか分からないという、デメリットもあります。

でも、私が思春期の時、リビングに顔を出すのがすごく嫌な時もあったので、子供からしてみたら廊下に階段の方がいいのかなと思ってしまいます。日頃からきちんと子供と向き合っていれば、どっちでも構わないのでしょう。
子育てしやすいというのは親の目線であって、親の目線からすると、常に目の届く場所でというのがあるのかと、私は思います。

注目のキーワード

Copyright (C)2017子育てしやすい間取り.All rights reserved.