マンションは、段差が少なくセキュリティも高いのが魅力ですが、子育て世代にはやや不向きな点もあります。

子育てしやすい間取り
Hot Entry子育てしやすい間取り
子育てしやすい間取り

マンションは

マンションは、段差が少なくセキュリティも高いのが魅力ですが、子育て世代にはやや不向きな点もあります。
第一に騒音の問題です。
小さな子供は走り回るのが当たり前ですが、集合住宅では神経質にならざるを得ません。お子さんを伸び伸びと育てられる家は、やはり一戸建てではないかと私は思います。とは言え、一戸建てならなんでも良いというわけではありません。間取りも大切です。

私が思うに、一戸建てで子育てしやすい間取りとは、1階に子供部屋を作ることが不可欠だと思います。どうしても1階にはリビング、客間、キッチンを置くことから、各人の部屋は2階へつくりがちですが、子供部屋は親の目がいつでも行き届く1階におくべきです。

そして、リビングから見える位置であることも大切です。
LDKの入口にドアを設けて独立型にしてしまうと、他の部屋の様子が全く分かりません。プライバシーも大切ですが、子供が小さいうちはプライバシーよりも、親の目が行き届くことを優先した方がよろしいでしょう。1階のLDKを独立させ、2階を子供部屋にしてしまうと、子供が帰って来たことにも気が付かない、という事態もあり得ます。
一戸建ては自由にリフォームもできますので、まずは家族団らんが最優先の見渡せる間取りにすると、子育てもしやすいのではないかと思います。

注目のキーワード

Copyright (C)2017子育てしやすい間取り.All rights reserved.