私が考える、子育てしやすい間取りで最近感心したのが、子供の頃は広い部屋で一緒に過ごし、ある年齢になったら部屋を分けることができるように、最初から作っておくということです。

子育てしやすい間取り
Hot Entry子育てしやすい間取り
子育てしやすい間取り

最初から考えておく家族構成と部屋の数

私が考える、子育てしやすい間取りで最近感心したのが、子供の頃は広い部屋で一緒に過ごし、ある年齢になったら部屋を分けることができるように、最初から作っておくということです。
これなら兄弟が別の性だったりしても、思春期には部屋を分けることができますし、小さいうちは広々とした部屋で、思う存分遊ぶ事ができます。
他にいいと思ったのは、リビングに勉強机を備え付けている注文住宅です。
リビングに勉強できる環境があると、勉強が習慣づいていいという話を聞いた事があります。親の目があると、返ってはかどるそうなのです。

あとはバリアフリーです。
これは今の住宅には欠かせない物らしいですが、子供の成長に合わせてリフォームする事があったら、とても便利だそうです。

最後に、これは私のこだわりですが、リビングイン階段。これは子供の年齢が上がるごとに、会話が少なくなっても、リビングを通って自分の部屋がある2階へ上がる事で、必ず子供と顔を合わせられて、その日の顔色を見ることができるからです。

注目のキーワード

Copyright (C)2017子育てしやすい間取り.All rights reserved.