最近では高齢者向け住宅なんていうものも随分一般的になっていますが、反対に子育てに適した間取りというのもあるようです。

子育てしやすい間取り
Hot Entry子育てしやすい間取り
子育てしやすい間取り

使えるサイトについての情報を調べてみました

最近では高齢者向け住宅なんていうものも随分一般的になっていますが

最近では高齢者向け住宅なんていうものも随分一般的になっていますが、反対に子育てに適した間取りというのもあるようです。
そこで、自分ならどんな間取りが子育てしやすいかについて考えてみました。

まずは、死角のない間取りというのが考えられます。例えば、台所で料理を作っている時に、リビングに居る子供の様子がいつでも確認できるといったことは、安心感にもつながりますし、子供が誤っておもちゃを誤飲してしまうといったような事故を、未然に防ぐ事ができると思います。子供の様子を気に掛けつつも、家の用事ができるというのは、親にとっては理想的な間取りであると言えます。台所とリビングが隣接しているというのが、最も安心といえるかもしれません。
また、水回りというのも、子供にとっては危険の多い場所と考えられます。特に小さな子供にとっては、お風呂というのも事故が起こってもおかしくない場所といえます。そのため、水回りもいつでも目の届く場所に配置しておくことが、望ましいと考えられます。

小さな子供は一時たりとも目が離せません

小さな子供は一時たりとも目が離せません。だけど、母親は育児と同時に家事をこなさなければなりません。
そこで、私が実際に子育てをしてみて、これは良かったなと思ったのは、キッチンとリビングが一つになった部屋です。
これならキッチン仕事をしながら、リビングで遊んだりお昼寝したりしている子供を、ずっと見ていられます。我が家はキッチンとリビングの間に全く仕切りがないので、野菜を切っている時でも、お鍋をガスにかけている時でも、横を向けばいつでもそこに子供がいました。

やがて子供たちが大きくなっても、リビングの居心地が良ければ、子供たちはいつもその部屋にいるようになります。現に我が家の二人の子供たちは、今は高校生で自分の部屋があるのですが、ゲームも勉強も昼寝も、全てリビングです。
お陰で、親子のコミュニケーションは最高です。

とにかく全員がくつろげるリビングとキッチン、いわゆる「LDK」という心地良い部屋があれば、子供たちは元気にまっすぐ育ちます。

注目のキーワード

Copyright (C)2016子育てしやすい間取り.All rights reserved.